インテリアにおけるのれんの役割について

 

部屋のインテリアにおいて、のれんの役割は空間を仕切ること、限定された空間の目隠しです。
建具などで仕切る場合よりもソフトに仕切る場合にのれんは用いられることが多いです。

プライバシーを守る

完全に空間を仕切らないので、風の通り道を作ることも可能です。
また、仕切りがありながらも、他人とコミュニケーションをとることも可能なので
個人のプライバシーを守りつつ空間を共有できます。

また素材なども様々で、多くは布を用いられてますが、ビーズや、
竹や、紐が連なって形成されているものもあります。

のれんは長さも個人の好みに変えることができます。

手軽に入手もできるので、季節の変わり目や、気分転換、
模様替えなどにも応用することが容易です。
シンプルな形状のものであれば、個人で作ることも難しくありません。

色や素材を変えるだけで季節感を醸し出すのれん。
気軽な模様替えとしてもいいですよね。

伝統

他にも物置棚を隠す際にものれんはとても便利です。
絵柄の入ったのれんで雰囲気を変えるのもいいですね。
絵師の絵柄もいいですし、小さく家紋を入れるのもお洒落でおすすめです。