暖簾に対する私の気持ち

 

東京でも沢山の伝統工芸があるなかで、

のれんや横断幕やのぼり旗というのは比較的に身近なものだと思います。

大事にしている

特別な伝統などにはなかなか目はいかないけれども、

暖簾のことを調べているといろんな思いが湧いてきた。

例えばのれんを守ると言う言葉が残っているので、

それは先人がとても暖簾を大事にしていたのが垣間見える。

のれんや横断幕やのぼり旗オーダーを3日で仕上げます。

 

文化

ただの布といえばそれまでだが、

これだけ東京でも長い時間人間が扱ってきた

暖簾に少しスポットライトを当ててみてもいいんじゃないかと思った。

とりあえず私は東京ののれんや横断幕やのぼり旗を使ってみます。

東京でも伝統的な店舗には暖簾が映えます。

反対に新しいものも多い東京。

そんな東京なら、のれんの新しい切り口が見つかりそうです。

sponsored link

インテリアとして、のれんや横断幕やのぼり旗をお部屋などに飾ってみてはいかがでしょうか?

のれんや横断幕やのぼり旗はただ掛けるばかりが使い方ではありません。

美しいデザイン。絵柄が沢山あります。

テキスタイルとしての使いかた。


広告