オリジナルののれんを製作するメリット

 

観光や出張で訪れた未見知らぬ土地で、お客様はなにを目安に商店に入るか。
多くの人がのれんや看板、手作りで製作されたメニュー書きなどを目安にしてお店に来店してきます。

京都と言えば

市販で売っている無地ののれんも売っていますが、
これでは正直いってアピールが弱いです。
なにせ、のれんはお店の顔なのです。

生地のしっかりした綺麗に製作されたもので、
お客様をお迎えしなければ、せっかくお店に
目がとまっても来店してはいただけません。

まだのれんない商店の方がいましたら、
一度オリジナルのれんの製作を検討してみましょう。

のれんというとどのようなものを、思い浮かべますか。
多くの方が居酒屋の玄関で長さ50センチぐらいで吊るされているものを、思い浮かべると思います。

馴染み深い

今では製品ラインナップも増え様々なタイプの物があります。
前出した通り長さ50センチぐらいで切り込みが3箇所ぐらいある馴染みのあるもの。
おしゃれなものでいうと日除けタイプの物もよく見かけるようになりました。

この製品の特徴は、天井近くから吊るすため、名前が大変大きく印刷できます。
実は江戸時代を発端するアイテムですので、どのような商店に利用しても違和感がないのです。

生地も様々な物があり、綿生地や化繊生地、麻生地などあります。ご利用の場所に使い分けます。
楽屋のれんなら麻生地といった具合です。
のれんを潜り中に入る。これは日本の伝統文化でもあり、またお客にお店の心意気を伝える
重要なアイテムであります。

まだないのでしたら、世界でたった一つのオリジナル製作を検討してください。