暖簾(のれんや横断幕やのぼり旗)の色には意味があるのはご存知ですか?

 

東京の菓子屋や東京の薬屋は白色の暖簾が多かった。

それはまっ白い砂糖を使っているという意味です。

その時代は白い砂糖は高級品でした。

当時の砂糖は生成技術などの関係から、今よりも茶色の砂糖でした。

その中で、白い和三盆を使っているという象徴として白ののれんだったみたいです。

 

青色がとても一般的で東京の呉服屋さんや東京の酒屋さんでよく使われていました。

虫よけの効果があったので東京の呉服屋さんが良く使っていました。

またお酒を出すと言う意味で青色を使う場合も多かったようです。

東京に呉服屋さんも多かった時代の話。

今はもう随分と少なくなってしまいました。

なかなか着る機会がないけれど、着物ってなんだかはっとします。

 

のれんや横断幕やのぼり旗は店の顔。

まさに、のれんや横断幕やのぼり旗の色でその店の商いを表していたわけです。

まさに顔。

のれんや横断幕やのぼり旗オーダーのれんや横断幕やのぼり旗を3日で仕上げます。

sponsored link

 

広告