暖簾の伝統

 

東京では暖簾の力は、よく商標や屋号の力とイコールに

考えられて、店の顔や信用力を表す一つの指標となる。

暖簾が東京ではその店を表していたのだ。

 

丁稚奉公と言われるように大きな商屋(今でいう企業)に働きに行く場合。

奉公人の最終目標はのれん分けであった。

のれん分けとはつまり独立。

その信用力のある顔であるのれんととのれん代(資本金)を受け取り、

起業するのが一般的な流れであった。

これがいわゆるのれん分けである。

のれんや横断幕やのぼり旗オーダーならば。のれんや横断幕やのぼり旗を3日で仕上げます。

 

東京でも時には血縁よりものれんや横断幕やのぼり旗を大切に考える商家も多く、

跡取りとして別家に有能な人間を養子に迎えるのも

少なくなかった。

 

結婚は家と家とのつながり。

東京でもそれは今も昔も変わらない。

でも家族が増えるって喜びも増える。単純にそう思いたい。

東京でも新しい結婚のスタイルが増えている。

籍は入れずていないけれど結婚と同様に生活するスタイル。

事実婚ってもの。繋がっていればそれでいいというスタイルです。

 

インテリアとして、のれんや横断幕やのぼり旗を東京のお部屋などに飾ってみてはいかがでしょうか?

sponsored link

 

広告